にきびの予防について

バナー

にきびの予防について

にきびを予防するためには、まずどうして出来てしまうのかを知る必要があります。

思春期に出来る場合と、大人になって出来る場合とでは、原因は違ってきます。



思春期に出来るにきびは、成長ホルモンが活発的に働くことで、皮脂の分泌が過剰に出過ぎてしまうことが原因になります。
大人の場合は、不規則な生活や過度のストレスによって出来ることが多いです。


にきびを予防するためには、規則正しい生活を送り三食しっかりと食べることが大切です。
このほかにも十分な睡眠時間の確保や、適度な運動も重要になります。


そして女性の場合は、メイクをしているときがあるので、男性よりも気を付けてケアしなくてはいけません。

厳選したにきびについて詳しく説明しています。

にきびを予防する方法は、多く出過ぎてしまう皮脂をしっかりと取ってあげること、毛穴を汚れなどで詰まらせないこと、この二つが大切なポイントになります。

これは男性にも言えることですが、余分な皮脂を取りたいからといって、洗顔をし過ぎると逆効果になります。

必要以上に洗浄力の強い洗顔で洗ったり、一日に何度も洗顔していると、肌に必要な皮脂までも取り除いてしまう場合があります。つぎに大切なことは、保湿をしっかりとすることです。乾燥は肌にとって一番の刺激になり、これが引き金となって肌荒れが起きることもあります。
そのため洗顔後は、自分の肌に合った化粧水やクリームを付けると、肌が潤ってにきびが出来にくくなります。

肌が潤うことで毛穴は詰まりにくくなります。

OKWave情報に対応した情報サイトです。